社員紹介 – 神崎さん

生産事業部
物流管理課

神崎 さん

物流改革に燃える物流管理担当

2019年 ダイセン入社

<仕事のやりがい>

勇気を出して一歩を踏み出したら・・・

定年退職後に、ハローワークで紹介されたのがダイセンでした。以前は商社で23年間営業を担当、その後の17年間は商品管理・物流改革に携わっていました。

面接で社長から、将来はロボットで物流管理をしたいと聞き、面白いなと。会社のベクトルが、私の持つ知識や経験、方向性と一致しているように感じました。描く将来像に向けて「あなたの力が借りたい」と言ってもらっているように思えたのです。

入社して社屋や倉庫を見て、他の社員と話す中で、理想と現実の大きな違いに気付くことに。そんな時に経営企画室長から「多種類備品在庫管理の運用構築や、金物置場の整理整頓をやってくれないか」と言われたことが、気持ちが上がるきっかけになりました。

中でも金物置場は、管理のルールがあるようでないような状態で、誰でも自由に在庫を持ち出し、報告もありませんでした。施工管理担当から配送の指示を受け、倉庫に行っても物が見つからない。「管理が悪い」と先輩が叱られていました。

曖昧な指示、返事も少なくなかったようです。「一式」とか「全部」という言葉での指示があり、配送後に「足りない・多い・違う」と怒られることも。

そんな状況は、逆にやる気が出ます。やり始めると大きな手応えを感じました。

特に、たくさんの応援が印象に残っています。「場所が足りない」「暗い」「雨がかかる」「人手が欲しい」「ルールを変えたい」などと相談すれば、即座に用意・協力を頂きました。おかげ様で合格点を頂けるレベルになったと思います。

実は少し怖かったのです。「余計な事するな、時間の無駄だ・協力しない」などの言葉が聞こえることが。

でも、真逆でした。少し勇気を出して一歩を踏み出せたことから、結果が見え始めました。

皆様からの「良くなったわ~」の言葉で、ますます “やる気” が出てきました。

<福利厚生>

心が・思いが、じんじん感じられる

会社にはさまざまな福利厚生があります。例えば会社への提案でポイントがつき、上位になると極上肉がもらえる制度があり、私も頂きました。また、希望日に花を届けてもらえる制度もあります。妻の誕生日を登録したら、サプライズになって私も嬉しかったです。

またある日、ダイセンのある方が突然、自宅に桃を持ってきて下さいました。「和歌山まで行って来た」と・・・今の時代になかなかないことですよね。

<今後の展望>

「もっとやってくれ」のエールを励みに

現在62歳。「あと何年でどこまでできるか、やればやるほど時間が足りない」とは思わないようにしています。実際には、1年あればたいていのことはできます。逆に1年で出来ないことは10年でもできないような気がします。

「もっとやってくれ」「良くなったわ」と言って下さるのがありがたく、私のモチベーションにつながっています。次は「RFIDの導入」。よっしゃーやるぞ!