ホーム > ニュース&トピックス
 
株式会社 ダイセン工業
〒520-2263
滋賀県大津市
大石中六丁目-2-43
TEL:077-546-6877
FAX:077-546-6867 
 

ニュース&トピックス

2009.8.10
島でのひと時
■阿波おどり 毎年8月12日から15日までの4日間
大暑と呼ばれる季節も終わり、暦はいよいよ立秋です。日照時間が日に日に短くなります。
「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃソンソン」
世界にもその名を知られた400年の歴史を持つ徳島の夏祭り。期間中は、街中に阿波おどりのお囃子が響き、ぞめきのリズムに踊り子や見物客の身も心も弾みます。
阿波踊りの由来としては諸説ありますが、
・築城起源説=天正15年(1587年)に蜂須賀家政によって徳島城が落成した時,そ  の祝賀行事として城下の人々が踊ったのが阿波踊りの始まりとする説。
・風流踊り起源説=阿波踊りの特色である組踊りが,能楽の源流をなすといわれる「風流」 の影響を強く受けているといわれる。
・盆踊り起源説=阿波踊りが旧暦の7月に行われた盆踊りであるというもの。
阿波踊りという名前と衣装、何となくですがどんな踊りかはみな知っていると思います。
実際に見に行かれた方は、リピーターになられる方が多いそうです。
今年の「阿波踊り」もうすぐ「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃソンソン」
奈良県三輪地方に発し、淡路島・鳴門を経て阿波半田に伝わりました「半田そうめん」
環境に恵まれた半田町では、八代将軍吉宗公の時代からそうめん作りが盛んでした。半田そうめんの特徴はこしの強さと脈々と受け継がれてきた伝統の技が、純白のそうめんに生きています。吉野川の澄んだ伏流水と良質の小麦でつくられる半田そうめんは、太めでこしの強い通好みの逸品です。そのまま食べても美味しいですが、「阿波のスパゲティ」とも呼ばれる程、西洋料理にも多才である。
■三原郡南淡町(淡路島東海岸)
大きな海水浴場ではありませんが「阿万海水浴場♪」実はここは穴場スポット
なぜかと言いますと…洲本の大浜海水浴場や南あわじ市の慶野松原海水浴場のように大きくないので、雑誌などでは探しにくいそうです!もちろん海水は澄んできれいですよ!
■小豆郡土庄町  一日に2回だけつながる … 天使の散歩道
土庄町余島は潮の満ち干きで島が繋がったり離れたりする不思議スポット。
最近ではドラマの舞台にもなり、有名になりました。潮が干いたら島に繋がる道(エンジェルロード)が現れます。真ん中で大切な人と、手と手を結びましょう!
願いが叶うとか。
干潮時には普段は見られないような、色々な海の生き物が岩場を探してみると、岩場に残された魚やヒトデやイソギンチャクなど沢山います。
ページのトップへ
 
ホームニュース&トピックス会社案内施工実績サービス提供エリア採用情報お問合わせプライバシーポリシーサイトマップ